レビューでcryptoウィーク: イーサリアム先物はデビューします, Coinbase新しいトークンを追加します

混合市況にもかかわらず, cryptocurrency業界で革新を推し進め, このスペースの動作および実行方法を変更する可能性がある新製品や新サービスをリリース.

イーサリアムデリバティブ車両を追加するLedgerX

ニューヨークを拠点LedgerXからインサイダー源は、暗号スタートアップは、近い将来にイーサリアムデリバティブを提供しようとしていることを明らかにしました, TheBlockは排他的に報告します. 知らない人のために, LedgerXは現在、主にビットコインに焦点を当てた製品とソリューションを提供していますcryptocurrency投資プラットフォームです, その今までそんなに人気があるBTCオプション車のような, 投資家が一番のデジタル資産の将来の価格を推測することを可能にします.

往年の月にその社内BTCオプションおよびスワップのLedgerXの発売以来, ニューヨークの住民暗号起動がうわさによれば、数十億ドル規模のヘッジファンドにもたらしました, ファミリーオフィス, そして、他の機関投資家のアレイ. 口座に会社の成功を撮影, アメリカのスタートアップが傾斜を感じることは同様の市場での機会を追求するだけで自然です, これだけのホップであります, スキップ, このシナリオでは離れてジャンプ.

同社はすでに、完全にそのイーサリアムオプション契約を開発してきたが, それはまだ商品先物取引委員会のメンバーからの承認を待っています (CFTC), その代表LedgerXの新製品を議論する10月5日に招集するように設定されています. CFTCの代表者が複数回cryptosphereを賞賛しているという事実に, 多くは、この製品は周りのゴーサインを最初に受信することを期待しています.

この動きは、それがCBOEていることが明らかになったわずか数週間後に来ます, 市場規模の面で最大の米国ベースのオプション交換, 類似した製品のCFTCの承認を求めています.

Coinbaseはフォーマル上場申請を追加します。, 暗号教育リソース

それはサンフランシスコを拠点Coinbaseは、この宇宙の開発で主導的な役割を取ったことは言うまでもないが、, 世界的に有名なスタートアップは、暗号資産の多種多様な顧客基盤を導入するために遅れています. Coinbaseの批評家の多くがもてはやさ通り, 製品やサービスの企業の幅広いラインナップにもかかわらず, 彼らは唯一のcryptocurrenciesの小さな名簿をサポート - ビットコイン, イーサリアム, ライトコイン, ビットコイン現金及びイーサリアムクラシック.

水曜日に行われ、予想外の発表と, 企業が新規上場プロセスを通じて、この問題を修正するつもりであることは明らかです, 報告によると、将来listeesは、それが地域の規制に沿ったものであることを保証するために、そのプロジェクトと暗号資産に関する情報を提供することができますどの. Coinbase自身で入れたよう, この新システムはを可能にしなければならない「ほとんどのデジタル資産の迅速なリスト。」

これがどのように動作するかを正確に詳細を説明します, 起動時には、それが「管轄ごとの管轄的にデジタル資産を評価することを説明しました,」特定の資産のみが現地の法律に基づき、特定の管轄区域内の消費者に利用可能になることを意味しています. 驚いたことに, それはCoinbaseから承認を得るトークンが最初に申請料を支払う必要がないことを説明しました, しかしCoinbaseは必要が将来的に発生する可能性がある場合の手数料を課す権利を留保します.

それはCoinbaseが長いcryptocurrency業界へのゲートウェイとして視聴されたことは言うまでもないです, その企業の顧客は、より多くのデジタル資産の時間と時間へのアクセスを求めていることを考慮に入れて、再びおそらくこの動きの背後にある触媒でした. トレーダーやアナリストのCNBC高速マネーのパネルに言えば, Coinbase副社長ダン・ロメロは、この感情を裏付け, 注目に:

「だから我々は顧客に話すとき, その数1の要求は、プラットフォームに多くの資産を追加することです...があります [やはり] 私たちがサポートしていない暗号資産の何千人, 私たちが今日起動しているか - 私はについて話すのは本当に興奮しています - listing.coinbase.comです, これは現地の法律では有効になって私たちができるだけ多くの資産を一覧表示することができます。」

最終的には, 会社のVPで触れたよう, この動きは、前方にCoinbaseの議題を押してまで来て、「世界のために開いた金融システムを作成します。」

Coinbaseリストを導入するとともに、, アメリカcryptocurrencyプラットフォーム, 最近のLinkedInでトップ新興企業の一つに選ばれました, また、同社のウェブサイトへの深い暗号教育セグメントを追加することで、多くを驚か. 同社は、このようなリソースの導入は、消費者がどのようにこの技術の動作についての詳細を理解することができるようになることを期待しています, それはとても抽象的に見えるかもしれませんにもかかわらず、.

Coinbase has also implemented a so-called “bundle” feature, which will allow investors to gain exposure to all the crypto assets offered on the platform in just a few clicks.

While Coinbase’s move to offer crypto education and a crypto bundle have been well-received, its listing process has become the butt of many of the cryptosphere’s best jokes, with many critics of the firm highlighting the fact that the listing application is done via Google Forms.

Circle Launches Stablecoin, Aims To Disrupt Global Economic System

Nearly five months after initially announcing USDC, the Goldman Sachs-backed Circle has finally revealed that it is launching its stablecoin product that will be tied to the U.S. dollar (米ドル). As per an official blog post on the matter, USDC, a “fully collateralized US dollar stablecoin,” is an ERC-20 token that puts “detailed financial and operational” transparency at the forefront, as Circle intends to allow established banking partners and accountants to regularly audit the reserves backing this project.

For now, investors looking to get their hands on USDC can use Circle’s issuance service to deposit fiat and receive stablecoins at a 1:1 ratio. Traders will now be able to take advantage of the relative stability USDC offers on the Poloniex exchange, which Circle owns, as an alternative to traditional USD-tied cryptos such as Tether (USDT). While this announcement may seem as mundane as the other stablecoin announcements, which have undoubtedly ramped up over the past few weeks, Circle CEO David Allaire revealed that this stablecoin means much more than some would initially think.

Speaking with Business Insider, Allaire noted that “fiat token models” are integral to blockchain infrastructure, as stablecoins will directly enable the use of decentralized technologies in everything from “tokenized debt and lending to securities and investment contracts.” Closing off his phone interview with reporters, the Circle CEO added that USDC and similar products may become a fundamental building block for crypto, which may aid in the future recreation of the global economic system through crypto assets, “which is what so many of us are here for.”

SEC And The CFTC Slam 1Broker, Domain Seized

As reported by NewsBTC on Friday, America’s most well-recognized governmental agencies, including the Securities and Exchange Commission (SEC), Commodities Futures Trade Commision (CFTC) and the Federal Bureau Of Investigation (FBI), took a strong regulatory stance against of crypto’s own. In an SEC press release, the regulatory agency brought attention to the fact that 1Broker, a Marshall Islands-based cryptocurrency platform, openly offered products and investment opportunities that were in direct violation of multiple laws.

What was notable was that 1Broker was purportedly issuing Bitcoin security-based swaps without the proper license, which is obviously an act that any established, well-respected trading platform would not be caught dead doing. As alluded to by Shamoil Shipchandler, the individual behind this specific case, 1Broker’s actions directly endanger the security of U.S. 投資家. これを踏まえて, the foreign trading platform has been served with multiple charges, which is seeking for 1Broker to be hit with “permanent injunctions, disgorgement plus interest, and penalties.”

The CFTC, the SEC’s de-facto partner in crime, also issued a similar order, while the FBI seized the domain that the platform had its services offered on.

It isn’t clear if the SEC’s move against 1Broker was a drastic show of force, but many have begun to believe that this regulatory action indicates that governmental agencies want crypto’s ducks to fall into a row.

Featured Image from

のは、広告をブロックしてみましょう! (なぜ?)

ソース: Newsbtc

ロード....