スイスのスタートアップがトークン化された穀物取引パイロットを開始

スイスの農業スタートアップは、穀物の取引コストを削減するために、代替不可能なトークンの使用を試験的に実施しました. スイスの企業CerealiaSAによって実装されたシステムでは、トークンは 30,000 メキシコのホワイトコーンのメートルトン.

Cerealiaプラットフォームは、現時点では双方向の取引のみを促進しますが, 今後の追加により、サードパーティはトークンを使用して穀物取引について取引および推測できるようになります. デジタルシステムは、取引を実行する際に穀物トレーダーが負担するコストを自然に削減します, 保管料など, 事務処理の責任を軽減しながら.

伝えられるところによると、トークンはメキシコの会社Mercantaによって使用されました。, 地元の倉庫に保管していた穀物を表す. 他の穀物保有者や貿易会社は、独自のバージョンのトークンを発行できます, その後、実際に保持されている穀物のマーカーとして機能しながら、Cerealiaのプラットフォームで取引できます.

Cerealiaの最高執行責任者FilipePohlmann Gonzagaは、トークン化されたシステムが銀行などにデジタル穀物取引を開放する可能性があると述べました。, ヘッジファンドやその他の投資家, 彼らが穀物の物理的な配達をする必要なしに.

セリアリアは、約 6 11月の発売以来、100万トンの穀物 2020, BNNブルームバーグによると. 会社は近くに存在感を持っています 30 さまざまな国, ブラジルを含む, エジプトとウクライナ, 次はシンガポールとサハラ以南のアフリカに拡大する予定です.

広告をブロックしましょう! (なぜ?)

ソース: コインテレグラフ

読み込み中...