聡革命 - 章 4: 暗号. プライバシーとIDの新しいパラダイム (部 2)

Crypto. A New Paradigm of Privacy and ID

おすすめ

聡革命: ライジング期待の革命.
セクション 2 : プライバシーの道徳命令型
章 4: プライバシーを犯罪とされている場合, 唯一の犯罪者はプライベートになります
ウェンディマッケルロイによって

暗号. プライバシーとIDの新しいパラダイム (章 4, 部 2)

[A]LL社会の変化を制定するための入札で自分の知識を使用した者は、個人のプライバシーを強化するために、大きなからの電力をシフトするためのツールとして暗号を見ました, その軌道上に住んでいる人間に、中央機関.

-Paulヴィーニャ, ウォール・ストリート・ジャーナルのビジネスレポーター

Cryptocurrenciesは、国境を越えた資金の発行とその伝達の民営化により、中央銀行をバイパス. 世界は富を生み出す個人への財務管理の復帰時に拍手で噴火する必要があり. 最後に, 金融正義.

それは暗号の別の革命的な側面を見落とすでしょうので、しかし、通貨の自由度を超える世界的なパーティーは不十分だろう. Cryptocurrenciesとblockchainは新しい通貨は中央銀行の死のグリップを破ったとして確かに古いものに置き換えられますプライバシーの新しいパラダイムです. 「同一性」の検証の革命の形, ブラインド署名のような, プライバシーの概念を再定義し、共有する情報は、個人を進め、自由市場にそれを返された...しかししているときにのみ、個々の同意であれば. (ブラインド署名の以前の説明を参照してください。) 彼らは独自にデジタル時代の自由の保存に適しているビジョンを築きます.

政府の監視のための救済策として、暗号化に焦点が理解できます. プライバシーは自分のエリート主義の目標を果たすために、「識別」の定義をねじる政府によって国有化されました. 政府の文書は、今ではほとんどの人が現代生活の必需品にアクセスするために自分の身元を証明できる唯一の方法です. ほとんどの欧米諸国で, 文書化されていない人は、飛行機や電車に乗ることができません, または車を運転します. 彼らは、銀行口座を開くことができません。, クレジットカードを取得, アクセス医療, 現金小切手, 定期的な仕事を取ります, 学校に通います, 結婚する, ビデオを借りる (アパートはおろか), または家を買います. 彼らは、政府が労働を通じて進出する機会を否定する人に二級市民です, 教育, 起業家精神, またはその他のメリット. 政府は、現代の生活の前提に識別を行いました.

その間に, 「識別」している者は、脆弱になります. 自分の銀行口座が凍結されています, ヘルスケアは、拒否されました, キャンセルクレジットカード, 賃金が添え, レコードが召喚します, そして逮捕されます. 完全国有IDおよびレポーティングシステムでは, 政府は、誰もが誰であるかを知っています, 誰もが考えていると持っているものを, どこでそれらを見つけるために. プライバシーの国有化は、全体主義のかなめであります. 不思議政府の食欲はとても貪欲ではありません. プライバシー上の猛攻撃に抵抗する人たちは、それだけで基づいて犯罪者であることを不思議と推定されていません. フィル・ジマーマンとして、, プリティグッドプライバシーの生みの親, 述べました, 「プライバシーが非合法化されている場合, 唯一の無法者のプライバシーを持つことになります。」

社会は、常にこの方法ではありませんでした. これは、将来的にはそうする必要はありません。. cryptocurrenciesは、個人が中央銀行をバイパスできるようにするのと同じように, 彼らは完全に非政府識別システムを形成するための経路を提供します.

必要が急務となっています. It is not merely that nationalized privacy is a powerful tool of government oppression, there is also a crying free-market need for privacy and identification systems.


Free-Market ID

Most people flatly accept the government’s narrow, antiquated and self-serving view of what constitutes privacy; it is the ability to protect of personal data – an ability and “protection” of which the government lays an absolute claim of jurisdiction. Free-market ID is the antithesis of government or social control, as its very definition indicates. It goes far beyond the verification of an individual’s identity or address. 確かに, it may not even include a traditionally-valid name or address.

To appreciate the new paradigm of privacy offered by cryptocurrencies, 自由市場のIDの過去の利益のツアーは貴重です.

コマースは、物々交換レベルで行ったところ, 人々は個人的に知っていたか、彼らが直接取引相手との個人に関する信頼できる情報を持っていました. そして、商取引は見知らぬ人との複雑な交流を含むように拡張しました; 直接的物々交換は、間接的な交換によって置き換えられました, これは、多くの場合、いくつかの信頼を必要と. 信頼の基盤はいつも質問に答える能力となっています, 「私は誰を取り扱っております?」社会の原始的な組織の過去, 故に, 常に識別のために必要とされています.

スコープと利点自由市場IDを理解するために、, カムバックを作っている前世紀からの識別の広範な方法を考えます: 導入と推薦状. ダイナミック: 人物A、人物Cの識別の文字を行います, 誰に彼または彼女は見知らぬ人です. 文字は人Bによって書かれていました, 誰人Cは知っていたし、尊敬. 要するに, 人物Bは、文字のアイデンティティベアラのためvouched.

これは、自由市場のIDでレンダリングされた最初の、そして最も基本的なサービスです。: 認証. 人々は自分の身元を確認したくなるでしょう理由の無数があります。. 彼らはパッケージを拾うことができました, 予約を確認, クラブに参加, 投票, またはジョブに適用します.

アイデンティティを認証する自由市場の機能を簡単にバックグラウンドチェックを実行し、自分のIDカードを発行する事業者により提供することができます. 市場のインセンティブは、文書の正確性についてこれらの事業は、細心の注意を払って慎重になるだろう. 何もない場合は, 不正または不注意なものを受け入れることによってだまし取った誰かが訴えることができ. 事業は、法廷で勝ったとしても, その評判は破損または台無しにされるだろう. そして、自由市場のID会社が評判に基づいて生きるか死にます.

政府は、IDの認証機能を独占し、単独の権限の目的を果たすためにそれを歪めてきました. あれは, IDEDされている人々は、「サービス」を要求しません; それはそれらを必要とされ、, それから, それは、彼らに対する武器として使用されています. プライベートIDは、まだbastardized形で存在します. 雇用者は従業員にプライベートIDを発行します, 金融機関は、自分のアカウントにアクセスし、顧客のカードを与えます. しかし、このような民営化は幻想です. 雇用や金融機関は、任意のIDを発行することができます前に、, the “beneficiary” must be screened by government requirements, such as the provision of a tax number. The recipients of “private” ID are monitored through reporting requirements.

第2, free-market IDs offered certification. Letters of introduction were often letters of recommendation, 同じように. They attested to the character, the station, and the specific abilities or talents of the bearer. Other forms of ID performed the same function: university degrees, endorsements from employers, membership in professional organizations, and financial statements from banks. The certifications allowed strangers to assess whether a bearer was qualified to occupy a job or to perform a particular task. Reputation offered a similar ID.

今日, government licensing and regulation have replaced the formerly free-market process of verifying credentials. 脳神経外科から編組ドレッドヘアにすべてが評判と価値を検証する他の形態のための代用政府のライセンスが必要です. 矛盾は政府の制裁と自由市場の評判間に存在しないと考えている人は、検討すべきです: しかし、非の打ちどころのない介​​護者の評判であってもよいです, 彼または彼女は政府の許可なしに薬を練習することができません. 2は互換性がありません. 確かに, ライセンスを持つものは、彼らが競争することを余儀なくされるだろう誰と自由市場の専門家のほとんどのボーカルの批評家です.

三番, ある場合には, 自由市場のID 認可 特定のアクション. 推薦状は、多くの場合、ベアラに限定された権利を割り当てます. 例えば, 彼または彼女は、クライアントに代わってケースを解決することができるように弁護士の事務所は、担当者に限られた電力を割り当てることができます. 今日, 「自由市場」に許可できるタスクは、厳密に政府によって定義されています. 後者は、タスクを実装するプロセスを制御します, そしてそれは、結果が適切な機関に提出することを要求します. 確かに, 政府は、IDによって制限された権利を割り当てる最も一般的な形式を制御します. 法執行機関はバッジを身に着けているのおかげで平和的な人々に対してaggressする「権利」を取得します.


自由市場のIDに異議.

自由市場のIDへの共通の異議が発生します. 彼らは、時代遅れと現代世界に適しません; 彼らは匿名ではありません; 広範囲の信頼や評判を確立する手段として、, 彼らは遅くなることがあります; そして, 彼らは一様ではありません. 検討している場合, しかしながら, これらの異議には長所に変えます.

古いです. からの例 19 早期 20 世紀は時代遅れに見えるかもしれません. 若しくは, かなり, いくつかはやると、いくつかはしないでください. 推薦状, 別の一の形態で, 更新されており、広く使用にまだあります; かつての雇用者の連絡先情報が含まれたジョブアプリケーションは一例です. 関連するポイント: 自由市場は、識別のために、周囲の社会のニーズに驚くほどよく反応します. それは何世紀も前にそのようにしました, その前に、何世紀にもわたって, それが今日そうします; これは自動的にそれらを受け入れることによって、デジタル取引を検証blockchainsによって証明されます. ビットコインは、竹馬に乗って自由市場の適応を例示します.

いいえ匿名ありません. 初期のIDの主な目的は、身元を確認することでした, 匿名性をレンダリングしません. 情報の共有は、ベアラの要求に応じて発生し, 私の知る限り, データは、他の当事者に開示されていませんでした, こうした政府機関など. The current drive for anonymity derives from a desire ではありません to share information because it will be disclosed to unwanted others, especially to government.

The defining feature of free-market privacy is the same as that of free-market currency: control is in the hands of the individual. Each person decides their own comfort levels on questions such as “privacy versus convenience.” Even decentralized exchanges now offer a sliding scale of choice to users, from open identification to anonymity.

Slow to Establish Trust or Reputation. This may have been true in the past, when mail and people took weeks or months to travel. Everything moved slowly. But it is now a fast-moving world. それにもかかわらず, 個人的なお取引と実世界の成果に基づいて評判を確立することは、空気中の紙やバッジの政府ピースを振っよりも緩やかすることができ. どちらがよりリアルです? 一度確立, より弾力性のあります? 評判やビジネスの確立には時間がかかる可能性があるという事実はほとんど批判ではありません.

ません均一性. この条件のためのもう一つの単語は、「多様性であります,」それは自由市場のIDの極端な利点があります. 目標は同じ金型に皆を強制することですので、政府のIDを均質化, 同じ法律や報告要件への適合を強制します. 均一性は、政府と社会統制の目標をfurthers. IDは、個人のニーズをfurthersとき, それが取る形式は、これらのニーズによって決定されます. A driver may require a certification of competence in order to obtain a desired insurance policy. But he or she should not need to provide a tax number. Diversity indicates nothing so much as flexibility in the light of what is appropriate.


結論

Cryptocurrencies offer a revolutionary approach to privacy, which gives control of personal data back to individuals. This aspect of the Satoshi Revolution is often overlooked: a paradigm shift is occurring.

The old paradigm is for authorities to coerce and to centralize vast quantities of data on and, それから, to make a great flap over the security of that data. “Privacy” becomes a matter of how diligently the centralized authority guards the information that it warehouses and employs. Privacy is nationalized and becomes a matter of national security.

The new paradigm of privacy: individuals control their own personal data and use it for their own benefit. Consider what happens in the transfer of bitcoin. The participants decide if wish to identify publicly or to remain pseudonymous; they choose to go through an anonymizer, か否か, and to use a different address for each transaction, か否か. The blockchain doesn’t care. It authenticates the transaction, rather than the individuals, in much the same manner that vendors used to authenticate a gold coin without caring who handed it to them. 要するに, peer-to-peer crypto verifies transactions, not individuals. It is the privatization of privacy.

Cryptocurrencies are on the cusp of changing the landscape of personal transactions. When smart contracts become common practice, then verification of contracts and the authorization of their terms will be increasingly a matter of algorithms, not of bureaucratic permission. Technology will lead the way to freedom.

[To be continued next week.]

Thanks to editor/novelist Peri Dwyer Worrell for proofreading assistance.
Reprints of this article should credit bitcoin.com and include a link back to the original links to all previous chapters


Wendy McElroy has agreed to ”live-publish” her new book The Satoshi Revolution exclusively with Bitcoin.com. Every Saturday you’ll find another installment in a series of posts planned to conclude after about 18 ヶ月. Altogether they’ll make up her new book ”The Satoshi Revolution”. Read it here first.

のは、広告をブロックしてみましょう! (なぜ?)

ソース: ニュースビットコイン

ロード....